KJ姫路たつの校ブログ

過去問をやる前に

いよいよ受験シーズンだ。

すでに私立受験を終えた地域もあるようだが、こちら(兵庫)は10日に私立、14日に公立推薦、そして3月12日に公立一般入試が行われる。


本番まであとわずか、こうしてはいられない!すぐに入試の過去問をガンガンやらなければ!

と、思っている人、ちょっと待て。

それは本当に、今あなたがしなければならないことだろうか?


ちょっとテストしてみよう。

ーーー

問い:次の日本語を、英語に直しなさい。(1つ1点、65点満点)

①月の名前(1月〜12月)

②曜日(日曜日〜土曜日)

③数字(1〜20、100、1000)

④序数(1番目〜20番目)

⑤季節(春〜冬)

ーーー



できたら、答えあわせしよう。

解答:

①January February March April May June July August September October
 November December

②Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday

③one two three four five six seven eight nine ten eleven twelve thirteen
 fourteen fifteen sixteen seventeen eighteen nineteen twenty one hundred 
 one thousand

④first second third fourth fifth sixth seventh eighth ninth tenth eleventh twelfth thirteenth fourteenth fifteenth sixteenth seventeenth eighteenth nineteenth
 twentieth

⑤spring summer fall winter


はい、どうだった?

はっきり言って、1個でもミスった人は、まだ過去問をするべきじゃない。


「え〜!1個ぐらい大したミスじゃないでしょー!」


いや、大したミスだ。

上の単語は、受験生なら文字通り、「いつでもどこでも」正確に書けなければいけない単語ばかりだ。

このような単語が、長文やリスニング問題で聞かれたとき、もしミスれば、正答率90%以上の「みんなが解ける問題」をミスしたことになる。

それこそ1点で明暗を分ける本番で、このことがどんなに危険なことか、考えれば分かるはずだ。


「本番はちゃんと書けるし」

いや、逆だ。

今のような、リラックスした状態でも間違えるようでは、入試当日の、場所も雰囲気も初めての、あの極度に緊張した状況で、普通に解けるはずがない。


分かるだろうか。

本番でうっかりミスを防ぐには、上記のような超基礎単語は、「考えずに100%書ける」レベルにしておかなければならない、ということなんだ。


数学の公式、社会の重要語句の漢字など、すぐに、確実に出てくるだろうか?

やみくもに過去問をやる前に、まずはそのような「超基礎事項」をしっかり覚えるべきだろう。

脳は正直だ。やったらやっただけ答えてくれる。


では、すぐに行動だ!

入試までの残りの時間を有効に使おう。Good Luck!










コメント

プロフィール

HN:
合田 恵介
性別:
非公開

カテゴリー

P R